CALENDAR  ENTRY  COMMENTS  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大いなる陰謀

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 2,840
(2008-08-22)
 戦争は他人事ではないと思える映画。戦争の現場に自らの志願で願い出た二人の学生、その大学教授と同じ学生の戦争に対するディスカッション、現場経験はないが作戦に命令を下す側の人間とそれを取材する報道記者。立場や想いはまったく違っても、この登場人物たちは一つの線で繋がっている。一番いけないなのは、戦争に対して無関心であること。人々が戦争に対して考え、討論し合わなければ、無駄に犠牲となって死んでいった若者たちは、何のために勇気を振り絞って正義を示そうとしたのか、分からなくなってしまう。何かを変えたくて、希望を持ち、イラクへと志願した二人の若者、それはいつも大学の講義で議論を交わしていた仲間だったりする。その無力な力を、国防長官、CNNなんかの報道記者らトップの人間が血を流すこともなく、言葉でさばいていく。無関心ではいられない、隣に流れる血の話が、立場を同じくし、同等の目線で描かれる。
- - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>